【1分でわかる】ミラブルとミラブルプラス(plus)の違いを解説

【1分でわかる】ミラブルとミラブルプラス(plus)の違いを解説美容
スポンサーリンク
A
 

「ミラブル」と「ミラブルプラス」って何が違うのかな?

ネットで見ていると価格もバラバラだし、サイトによって書いてあることが違うんだよね。

商品自体が違うのかな?

あなたのこのギモンを解決します。

先に結論からいいますと、

結論

ミラブルの後継機がミラブルプラスです。

2020年4月に旧ミラブルは製造が終了し、現在は後継機のミラブルプラスのみの製造になっています。

ミラブルにトルネードスティックが付いたものがミラブルプラスです。

いまだに古い情報を掲載しているサイトはダミーサイトの可能性があるので、購入の際はご注意ください。

>>公式販売サイトはこちら

スポンサーリンク

ミラブルとミラブルプラス(plus)の違いとは

ミラブルプラスとは旧ミラブルのシャワーヘッド本体が高性能になり、トルネードスティックが付属した商品です。

トルネードスティックはシャワーヘッドに接続できる取外し可能な構造になっていて、主に3つの働きをしてくれます。

トルネードスティック
トルネードスティックの働き

バブル量がアップ

塩素除去機能

節水量がアップ

バブル量がアップ

トルネードスティックをつけるとスティック内部にトルネード水流が発生し、気泡発生量が増加。

その結果ミラブルplusのミスト水流には1ccあたり約2000万個のウルトラファインバブルが含まれているんですね。

水に含まれるバブル量が旧ミラブルと比較すると1400万個→2000万個に増加するので、洗い流す洗浄力が向上します。

脱塩素機能

トルネードスティックに内蔵されている亜硫酸カルシウムのフィルターにより、水道水に含まれる化学物質(残留塩素)を約80%除去してくれます。

トルネードスティックの塩素除去機能

水道水に含まれる化学物質がへらせるので、肌へのダメージを減らしてカラダにやさしいシャワーに変わるんです。

節水量がアップ

トルネードスティックをつけることで特殊なトルネード水流が生まれるんですね。

その結果、同じ水圧でも水の使用量が大幅に節約することができるんです。

製造メーカーの発表だと、およそ50%も水道代が節約できちゃうんですよ!

旧ミラブルの節水性能はストレート水流で約15%、ミスト水流で約60%の節水能力だったのですが、ミラブルプラスではストレート水流で約25%、ミスト水流で約60%も節水ができ、節水力がぐーんと上がりました。

トルネードスティックは消耗品!目安は3ヶ月~1年に1回交換

そんな優秀なトルネードスティックですが、内蔵されている亜硫酸カルシウムのフィルターは消耗品のため定期的な交換が必要になります。

トルネードスティック

交換目安としては1日に100リットル使うとしたら、およそ3ヶ月で交換が必要になります。

100リットルって言われてもパッとイメージできないと思うので、分かりやすく表にまとめておきますね。

 1人2人3人4人
交換目安12ヶ月6ヶ月4ヶ月3ヶ月

シャワーの使用量や使用回数によって変化するので、実際にはトルネードスティックに内蔵されている亜硫酸カルシウムの残量を見ながら交換していきます。

まとめ

今回はミラブルとミラブルプラスの違いを分かりやすく解説しました。

もう一度まとめると、

まとめ

ミラブルの後継機がミラブルプラスです。

2020年4月に旧ミラブルは製造が終了し、現在は後継機のミラブルプラスのみの製造になっています。

ミラブルにトルネードスティックが付いたものがミラブルプラスになります。

大きく違うのはトルネードスティックが最初から付いているか付いていないかの違い。

なので旧ミラブルをお持ちの方はトルネードスティックを購入すれば、ミラブルプラスにグレードアップできますよ♡

\キャンペーン中!/

>>6月30日まで5000円分キャッシュバック&5%値引き中

タイトルとURLをコピーしました