長瀞ライン下りの船が転覆する事故の可能性は?【埼玉県】

地域
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長瀞ライン下りができる長瀞町(ながとろまち)とは

長瀞町は、東京の北西に位置し、埼玉県にあります。

東京の中心部から車でおよそ1時間半、電車だと2時間ほどで到着するため、日帰りのツアーなどでもよく利用されます。

急流の長瀞川で知られており、春から秋にかけて、船下り、ラフティングやカヌーなどの多彩な川あそびや長瀞ライン下りを楽しむことができます。

⇒長瀞町観光協会のHPはこちら

長瀞ライン下りとは

長瀞ライン下りとは川下りのことです。

長瀞川を上流から下流へと、小さな船で、水の流れとともに移動することができます。

長瀞ライン下りの船が転覆する事故の可能性は?【埼玉県】の船
出典:秩父鉄道HP

2020年の営業期間は3月10日から12月4日までの予定となっています。

長瀞ライン下りでは2つのコースが楽しめます。

Aコース:親鼻橋から岩畳(約3キロ/15分~20分で下れます)

Bコース:岩畳から高砂橋(約3キロ/ 15分~20分で下れます )

長瀞ライン下りの船が転覆する事故の可能性は?【埼玉県】のコース案内
出典:秩父鉄道HP

長瀞ライン下りでは全長約6キロを2区間に分けて運航しており、たくさん楽しみたい人には親鼻橋から高砂橋の全コース(約6キロ)のご乗船がおすすめです。

またチケットは長瀞駅降りてすぐに長瀞ライン下りのチケット売り場がありますので、そちらで購入することができます。

長瀞ライン下りのチケット売り場本部から親鼻橋までと、高砂橋からチケット売り場本部までは無料シャトルバスが走っているので、利用すると移動が楽になります。

⇒料金等の詳細はこちらのページにて確認できます。

タイトルとURLをコピーしました