新型コロナウィルス対策で休業補償!助成金の金額は?賃金保証は会社員も対象です!受け取り方法も確認

新型コロナウィルス対策で休業補償!助成金の金額は?賃金保証は会社員も対象です!受け取り方法も確認地域
スポンサーリンク
新型コロナウィルス対策で休業補償!助成金の金額は?賃金保証は会社員も対象です!受け取り方法も確認

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

2020年3月2日、厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大による小学校などの臨時休校を受けて、仕事を休んだ保護者に給料を支払った企業に対し、全額を助成する制度を創設すると発表しました。

スポンサーリンク

仕事を休業や休職した時の助成金対象者は?【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

これは正社員だけでなく非正規労働者も対象で、上限は1日当たり8330円助成するものです。

収入を手当てすることで安心して休める体制を整え、感染拡大の防止を図る狙いがあります。

助成対象者は、臨時休校した小学校や特別支援学校に通う児童や生徒、風邪の症状などがある子どもの世話をする従業員に対し、年次有給休暇とは別に有給休暇を取得させた企業。

中学生や高校生、大学生は助成金対象外 【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

ご注意いただきたいのは保証対象者の範囲。

あくまでも自宅に一人でいることができない子どもの面倒を見るという前提があるので、一人で留守番が出来ると思われる中学生や高校生、大学生等は今回の賃金保証の対象外になります。

休業補償の助成金の対象期間は? 【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

助成の適用期間は2月27日~3月31日までになります。

休業補償の助成金の受け取り方法は? 【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

休業補償の助成金の受け取り方法は企業に振り込まれるそうです。

国⇒企業⇒個人という流れになります。

ここで問題なのが、いわゆるブラック企業の助成金の中抜き。

また、実際は従業員が休んでいないのに助成金を請求するブラック企業も出てくるかもしれませんね。

まるで火事場泥棒のようなことをする企業に要注意です。

年次有給休暇と休業補償は一緒にもらえるの? 【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

今回の休業補償の助成金は年次有給休暇と併用することができません。

なので有給休暇扱いにするのではなく、休業補償で賃金を補填してもらいながら休むのが良いかと思います。

しかし、支払金額は給与額の三分の二で支給の上限は1日当たり8330円の助成になります。

なので普段の給料とのギャップが生まれてくるので注意が必要です。

休業補償の助成金の財源はどこから? 【新型コロナウィルス対策で休業補償】

【新型コロナウィルス対策で休業補償を国が実施!賃金保証は会社員も対象です!】

雇用保険に加入している労働者の分は労働保険特別会計から、パートやアルバイトなど未加入者の分は一般会計から支給するそうです。

新型コロナウィルス対策で休業補償!助成金の金額は?賃金保証は会社員も対象です!受け取り方法も確認のまとめ

今回は新型コロナウィルス対策で休業補償!助成金の金額は?賃金保証は会社員も対象です!受け取り方法も確認についてまとめてみました。

国が決めたことなので対象者はしっかりと請求するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました