【ゾッとした】HDLコレステロールが低い女性は要注意!わたしが医者に言われたこと

【ゾッとした】HDLコレステロールが低い女性は要注意!わたしが医者に言われたこと健康 
スポンサードリンク
ほのか
ほのか

血液検査でHDLコレステロールが低いって言われた

女性はどんな危険があるのかな

こんなギモンを解決します。

健康診断の血液検査で毎年再検査になるHDLコレステロール。

女性でHDLコレステロールが40mg/dlより低いと、冠動脈疾患の発症の危険性が急に上昇すると言われているんですね。

わたしは2018年の検査ではHDLコレステロールが32mg/dlという女性としてはとても低い値になってしまったのです。

ほのか
ほのか

お医者さんにはかなり脅されましたよ

そこでわたしが医者に直接言われたことをお伝えできればと思います。

先に結論からお伝えしますと、HDLコレステロールが低い女性であるわたしが医者に言われたことは、

HDLコレステロールが低いと
  • 脳卒中の危険度が3倍になる
  • 動脈硬化疾患の危険度が10倍になる
ほのか
ほのか

詳細についてはここからお伝えしていきますね

スポンサードリンク

HDLコレステロールが低い女性は脳卒中の危険度が3倍になる

ほのか
ほのか

脳卒中になるとどうなるのかな?

脳卒中になると、重い後遺症で社会復帰ができなくなることがあるんですね。

寝たきりになってしまうことだってある恐ろしい病気です。

具体的な症状としては、めまいや意識障害のほかに

ろれつが回らない
口の片側からよだれが出る

といった顔面麻痺や、

手足の感覚に異常がでる
手すりを使わないと歩けない

といった身体障害、

聞いた言葉が理解できない
読んだ文章が理解できない

といった言語障害などが起こり、最悪の場合は死につながる危険性さえもあります。

HDLコレステロールが低い女性は動脈硬化の危険度が10倍になる

ほのか
ほのか

動脈硬化になるとどうなるのかな?

動脈硬化症が進行すると、心臓に大きな負担がかかるようになって、

高血圧
心肥大
心不全

などといった病気になります。

また、血管が狭くなったり詰まったりすることで、

心筋梗塞
狭心症
脳梗塞
下肢閉塞性動脈硬化症

などといった病気を起こしやすくなるんですね。


さらに血管が破れるとクモ膜下出血などの危険あり、最悪の場合は全身麻痺が起こったりします。

ほのか
ほのか

たかがHDLコレステロールが低いとあなどってはいけませんよ

最悪の場合は死につながる恐ろしい病気を引き起こす危険があることを知っておきましょう。

HDLコレステロールが低い女性はLH比の改善が必要

HDLコレステロールが低い女性はLH比の改善が必要になってきます。

LH比とは

LH比とは、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」で示される比率のこと。たとえば、LDLコレステロール値が135mg/dlで、HDLコレステロール値が45mg/dlとすると、「135÷45=3」で、LH比は3.0となります。

比率が高まると血栓ができやすくなり、心筋梗塞などのリスクが高まります。

引用:オムロン

ちなみにわたしのLH比を計算すると、

HDLコレステロール値=38mg/dl
LDLコレステロール値=147mg/dl

なのでLH比は3.86という恐ろしい数値に。

かなり悪いよね(汗)

ほのか
ほのか

このままじゃ心筋梗塞になっちゃうよ

ということで、HDLコレステロールを増やしてLH比を改善する活動をしています。

LH比の改善方法としては、

LH比の改善方法
  • 規則正しい食生活
  • 適度な運動
  • サプリメントを取り入れる

この3つがメインになりますね。

医者に忠告された3年間は食事療法と運動療法をしっかりと行ったのですが、思ったような効果が現れなかったので、現在はサプリメントを取り入れて改善に取り組んでいます。

今取り入れているサプリはこちら→

まとめ HDLコレステロールが低い女性は要注意!わたしが医者に言われたこと

今回はHDLコレステロールが低い女性であるわたしが医者に言われたことをお伝えしました。

まとめると、

HDLコレステロールが低いと
  • 脳卒中の危険度が3倍になる
  • 動脈硬化疾患の危険度が10倍になる

HDLコレステロールを改善するためには、

改善方法
  • 規則正しい食生活
  • 適度な運動
  • サプリメントを取り入れる

ということでした。

ほのか
ほのか

HDLコレステロールを改善して、いつまでも健康でいたいですよね!

HDLコレステロールが低い女性の悩みが解決できれば嬉しいです。

以上、ほのかでした!